独立してコンサルも可能!企業内専属で働くのも可能!

独立してコンサルトとして働く

法律の専門家は弁護士や司法書士、行政書士などになるでしょう。会計の専門家は公認会計士や税理士になります。人事や労務の専門家として知られるのが社会保険労務士です。法的な問題も多いので弁護士などが対応するケースもありますが、より人事関係の対応をしてもらうのには良い専門家として知られています。もし社会保険労務士として仕事をするなら、独立などをしてコンサルタントとして働く方法があります。その他、すでに独立されたり法人化している事務所に所属して働く方法もあります。コンサルトであれば、基本的にはいろいろな会社の顧問となったりコンサルタント業務が行えます。労務の問題は各社で異なるので、それぞれの問題に対応した仕事が可能になります。

企業に所属して人事関係の仕事をする

弁護士や税理士などは、通常は独立をしていろいろな企業と顧問契約を結んで仕事をします。ただ、大企業となると案件が非常に多くなります。各社は専属で弁護士や税理士を雇い入れて、その会社の法務や税務に専念してもらいます。社会保険労務士の働き方として、一般の企業に人事労務担当者として入社する方法があります。会社の中では、社会保険の手続きであったり、給料の計算、その他人事の問題があります。独立して行わなくても十分仕事ができます。元々人事部の社員として働いていた人が、社会保険労務士の資格を取得して、そのままその資格で仕事を続けるパターンが多いかもしれません。企業に所属するとき、他社の手続きなどをする業務はできません。

社会保険労務士の就業規則の重要性として、従業員の仕事に対するモチベーションを維持するうえで大きな役に立ちます。