キャリアアップを目指せる介護職の国家資格

介護の仕事を始めるためには

介護職として仕事に就くには、福祉系の学校や養成施設を卒業するルートと実務経験を積みながら資格を取得するルートがあり、実務経験を積みながら取得する際には、介護職員初任者研修を受講し130時間のカリキュラムを修了することが必要なんです。

国家資格取得のために必要な介護職員実務者研修

初任者研修修了者は、介護の仕事を続けながら次のステップの介護職員実務者研修が受講でき、この研修はキャリアアップにも大変に重要な研修と言う事を知っていますか。

実務者研修修了者となればこれまでの介護業務のほかに医療ケアを学べ、サービス提供責任者としても活躍ができ、介護業界唯一の国家資格の受験を目指すための研修でもあるんです。

実務経験を積んで上を目指す

実務者研修修了者は、実務経験3年以上で介護福祉士の国家試験、5年以上の実務経験で介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格を手に入れられるます。

介護福祉士は、介護のプロフェッショナルと認められる国家資格であり、老人ホームなどの職場のチームリーダー的存在として活躍ができ、介護支援専門員は、独立して訪問介護事業所も開業できる資格です。

幅広い分野での知識の習得が必須

いずれもそれ相応の受験勉強をし難易度が高く合格率も低い試験に合格しなくてはなりません。

普段の介護の仕事のノウハウや経験だけでは得られない幅広い分野のさまざまな知識が必要となるため、専門書などによる独学でも受験もできますが受験対策用の講座の受講が望ましいでしょう。

通学講座や通信講座で効率的な受験勉強

講座には、2週間ほどの短期集中講座や3ヶ月など時間をかけた講座などがあり、夜間などに通学して受講する通学型や空き時間を利用して学べる通信型があるため、自分に合った講座を選ぶことで効率的に受験勉強ができます。

一般社員が受ける基礎的な研修とは違い実務者研修はその現場の実務を経験する社員に対して行う専門的な研修を指します。