株を買いたいときはどんな証券会社がいいの?

自分が行いたい取引に合った手数料か

株式投資をするとき、証券会社を選ぶ必要があります。銀行などで取引はできません。では何を基準に選ぶのが良いかです。株式の取引では、取引手数料がかかります。できるだけ手数料がかからない会社を選ぶようにします。各社手数料の設定がバラバラです。よくあるのは、約定金額に応じた金額設定です。10万円以内ならいくら、100万円以上ならいくらなどと決めています。10万円以下ならこの会社が安く、100万円以上なら別の会社が安いなどがあります。自分の投資スタイルを考えて、そのスタイルで最も特になる証券会社を選ぶようにしましょう。初心者ならあまり高い株は買わないでしょう。10万以下や20万以下で安い会社を選びます。玄人なら100万以上の時に安い会社を選ぶと良いでしょう。

取引ツールが充実している会社

株式投資をするときに証券会社を利用します。株を買おうとするとき、銘柄を選ばないといけません。既に購入する銘柄を決めていればよいですが、これから選ぶのであれば選ぶ方法がないといけないでしょう。証券会社によっては、銘柄選びがしやすいようなツールを用意しています。一定の条件を入力すると、それに合った銘柄をリストアップしてくれます。その中から選べます。業者によっては、それぞれの銘柄の情報を見られるところもあります。各会社の情報は、各会社のホームページなどでも見られますが、その都度ホームページに行くのは大変です。まとめられた情報があるので、それを使えます。目的の銘柄ができるだけ早く見つけられる会社が良いでしょう。

株の信用取引とは証券会社に補償金を預けることにより、現物の最高三倍まで投資できたり、空売りなどの売るポジションもとれ、投資の幅が広がります。投資金額の他に手数料、金利もしくは貸株料がかかります。